2月3日の練習

とうとう2月に突入です。

と言っても、いつもと全く変わる事が無く、いつもと同じ練習メニューです。

”さくら”が、スッキリしない演奏でしたので、繰り返し・くりかえし細かく指導をしました。
後半には、鳴って来ましたが、最初からもう少し響きが欲しいですね。

その他のラテン曲は、慣れているか、簡単なのか、余裕が感じられる演奏です。
練度を重ねて、(と言っても後2回の練習ですが、)本番にはスッキリした演奏にしたいです。

練習曲:手持ちの全て。
全員集合!

あとがき:

”さくら”の仕上がりの悪さに、少しガッカリしました。

と言っても子ども達が悪いのでは無くて、指導者である私の責任である事は間違いありません。
ところが、巷を見れば、吹奏楽部などの顧問大先生は、必ず子ども達を責めます。
同じ事が、女子柔道でも今騒がれているようです。

指導者によって、子ども達の運命も変えてしまう恐ろしい事があります。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック