11月10日の練習

駅から練習場所まで歩いただけで、汗ばむくらいの天気です。
今日は、先週練習出来なかった曲から始めました。

ここまで、演奏の流れが良いと、何か言わないと収まりがつかなくなる私です。
曲は音符どおりに演奏すれば良いと言うのは間違いです。
うるさいだけの幼稚園鼓笛隊の演奏とは違って、音楽です。
簡単に言えば、音楽の流れにうねりが必要です。
それに音符一つに一つにキャラクターを持たせる事は小学生には無理だとしても、
フレーズの終わりに心の安堵感が必要でしょう。
ポンと音を出して、「はい!おしまい。」では、私の指導する”カミワダ・クローバーズ”の演奏ではありません。

画像

練習の終わる頃には、いい感じになって来ました。

練習曲:テキーラ、ブラジル、ラ・バンバ、宇宙戦艦ヤマト、
全員集合!(保護者も)

あとがき:

私は、24年間の鼓笛隊指導で得た一番貴重な事だと思います。
鼓笛隊は、一番基本の団体音楽ですから、これが出来ない人・小馬鹿にしてはイケマセン!
小学生らしく演奏して、聞く人に優しい気持ちを感じて頂きたいと考えながら演奏の指導をして来ました。
高校生時代から演奏者(報酬を頂いておりました。)としての活動を経験しており、経験は豊富です。
ただ音符をパラパラ追いかければ、良い演奏との考え方は、大間違いだと思っております。
因にカミワダ・クローバーズでは、音を間違えても・出損なっても・間違えても一切目くじら立てません。











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック